『Web制作会社年鑑』フリーダウンロードキャンペーン
『Web制作会社年鑑2022』

期間限定!
2022年12月16日(金)まで

『Web制作会社年鑑2022』
フリーダウンロードキャンペーン
「電子版1冊丸ごと」無料提供!

キャンペーン概要

今年も『Web制作会社年鑑』のフリーダウンロードキャンペーンを実施します! 現在発売中の書籍『Web制作会社年鑑2022』の電子版(価格:5,280円)を、無料でご提供いたします。期間は2022年12月16日(金)24時までとなります。

電子版ダウンロードまでの手順

『Web制作会社年鑑2022』のダウンロードには、マイナビブックス会員への登録と、アンケートヘのご回答が必要となります。アンケート回答後に、ダウンロード用のURLをメールにて送らせていただきます。

Step.1 会員登録

アンケートの回答には、マイナピブックス会員のアカウントが必要となります。必要事項をこ入力の上、アカウントの作成をお願いいたします。
既にマイナビブックス会員の方は、ログインしてStep.2へお進みください。

Step.2 アンケート

アンケート回答後に、無料ダウンロード用のURLをお送りいたします。
お送りしたURLをクリックすると、電子書籍『Web制作会社年鑑2022』がカートに入りますので、お支払い金額が0円であることをご確認の上レジにお進みください。
ご購入が完了いたしますと、マイページにて『Web制作会社年鑑2022』がダウンロード可能となります。

※カート画面にて『Web制作会社年鑑2022』以外の商品が表示される場合、他の商品を削除してからレジにお進みください。

※ログインして、「アンケートに回答する」よりご回答ください。

『Web制作会社年鑑』とは?

『Web制作会社年鑑2022』
『Web制作会社年鑑2021』
『Web制作会社年鑑2020』
『Web制作会社年鑑』中面01
『Web制作会社年鑑』中面02

年間を通して話題となったWebサイトやアプリ、成果を上げたデジタル施策などを「制作会社」ごとにアーカイブ化した年度版書籍として、年に1回の刊行を続けています。

業務委託の選定とWeb施策の資料集として最適
自社サイトの制作/リニューアルやサイトにまつわるコンサルティング、スマートフォンアプリの制作、BtoB向けWeb施策など、ITのビジネス活用で必須となる発注先、相談先の選定のための資料集としてご活用いただいています。また、年度による刊行のためその年の潮流を見渡すことができるのもポイントになっています。
日本全国のWeb制作会社情報を掲載
『Web制作会社年鑑』には、日本各地で活躍するWeb制作会社から150社(2022年度実績)の詳細な会社情報や施策事例が、社名順、地域別に探せる2つのインデックスで構成されています。
施策事例数は1,400事例、ビジュアルは1,900点
Webサイトやスマートフォンアプリの制作、WebキャンペーンやWeb施策など、およそ1,400事例(ビジュアルの総数はおよそ1,900点)を、各社による詳細な解説を付けて掲載しています。
IT業界からの圧倒的な信頼と支持
『Web制作会社年鑑』は、2001年から20年以上にわたり刊行を続ける専門誌『Web Designing』が編集を行っています。そのため、Web制作会社をはじめ、業界団体や教育機関、広告代理店から企業のWeb担当者にいたるまで、幅広く認知されています。『Web制作会社年鑑』の歴史を裏付けるのは、たくさんのITに関わりのある方々から得られた大きな信頼と支持によるものです。

こんな方にオススメです!

  • Web担当者(Webサイト構築・運営担当者)
  • 総務部・購買部
  • Webサイト、アプリの受託制作会社
  • 広告代理店をはじめ、デジタルマーケティング関係者
  • 学生:デザイナー・美術・情報デザイン・インタラクティブメディア・IT系

2023年度版は4月に刊行予定!

『Web制作会社年鑑2023』

『Web制作会社年鑑2023』

  • 価格:4,800円(税抜)
  • 発売日:2023年4月(予定)
  • 発行部数:10,000部
  • ページ数:368頁

2023年度版の掲載団体を募集中

『Web制作会社年鑑2023』に掲載を希望する会社、団体を募集しています。詳細は「掲載団体の募集サイト」を参照してください。

制作会社と企業を結ぶ「つなweB」にぜひご登録を!

  • 自社の課題解決に最適なWeb制作会社を、さまざまな条件から探すことができるサービス「つなweB」にぜひご登録ください。制作会社にとってはポートフォリオとしての側面を持ち合わせるつなweBの詳細は、以下より。

問い合わせ先

『Web制作会社年鑑2022』

期間限定!
2022年12月16日(金)
まで

『Web制作会社年鑑2022』フリーダウンロード
キャンペーン
「電子版1冊丸ごと」無料提供!

キャンペーン概要

今年も『Web制作会社年鑑』のフリーダウンロードキャンペーンを実施します! 現在発売中の書籍『Web制作会社年鑑2022』の電子版(価格:5,280円)を、無料でご提供いたします。期間は2022年12月16日(金)24時までとなります。

電子版ダウンロードまでの手順

『Web制作会社年鑑2022』のダウンロードには、マイナビブックス会員への登録と、アンケートへのご回答が必要となります。アンケート回答後に、ダウンロード用のURLをメールにてお送りいたします。

Step.1 会員登録

アンケートの回答には、マイナビブックス会員のアカウントが必要となります。必要事項をご入力の上、アカウントの作成をお願いいたします。
既にマイナビブックス会員の方は、ログインしてStep.2へお進みください。

Step.2 アンケート

アンケート回答後に、無料ダウンロード用のURLをお送りいたします。
お送りしたURLをクリックすると、電子書籍『Web制作会社年鑑2022』がカートに入りますので、お支払い金額が0円であることをご確認の上レジにお進みください。
ご購入が完了いたしますと、マイページにて『Web制作会社年鑑2022』がダウンロード可能となります。

※カート画面にて『Web制作会社年鑑2022』以外の商品が表示される場合、他の商品を削除してからレジにお進みください。

※ログインして、「アンケートに回答する」よりご回答ください。

『Web制作会社年鑑』とは?

『Web制作会社年鑑2022』
『Web制作会社年鑑2021』
『Web制作会社年鑑2020』
『Web制作会社年鑑』中面01
『Web制作会社年鑑』中面02

年間を通して話題となったWebサイトやアプリ、成果を上げたデジタル施策などを「制作会社」ごとにアーカイブ化した年度版書籍として、年に1回の刊行を続けています。

業務委託の選定とWeb施策の資料集として最適
自社サイトの制作/リニューアルやサイトにまつわるコンサルティング、スマートフォンアプリの制作、BtoB向けWeb施策など、ITのビジネス活用で必須となる発注先、相談先の選定のための資料集としてご活用いただいています。また、年度による刊行のためその年の潮流を見渡すことができるのもポイントになっています。
日本全国のWeb制作会社情報を掲載
『Web制作会社年鑑』には、日本各地で活躍するWeb制作会社から150社(2022年度実績)の詳細な会社情報や施策事例が、社名順、地域別に探せる2つのインデックスで構成されています。
施策事例数は1,400事例、ビジュアルは1,900点
Webサイトやスマートフォンアプリの制作、WebキャンペーンやWeb施策など、およそ1,400事例(ビジュアルの総数はおよそ1,900点)を、各社による詳細な解説を付けて掲載しています。
IT業界からの圧倒的な信頼と支持
『Web制作会社年鑑』は、2001年から20年以上にわたり刊行を続ける専門誌『Web Designing』が編集を行っています。そのため、Web制作会社をはじめ、業界団体や教育機関、広告代理店から企業のWeb担当者にいたるまで、幅広く認知されています。『Web制作会社年鑑』の歴史を裏付けるのは、たくさんのITに関わりのある方々から得られた大きな信頼と支持によるものです。

こんな方にオススメです!

  • Web担当者(Webサイト構築・運営担当者)
  • 総務部・購買部
  • Webサイト、アプリの受託制作会社
  • 広告代理店をはじめ、デジタルマーケティング関係者
  • 学生:デザイナー・美術・情報デザイン・インタラクティブメディア・IT系

2023年度版は4月に刊行予定!

『Web制作会社年鑑2023』

『Web制作会社年鑑2023』

  • 価格:4,800円(税抜)
  • 発売日:2023年4月(予定)
  • 発行部数:10,000部
  • ページ数:368頁

2023年度版の掲載団体を募集中

『Web制作会社年鑑2023』に掲載を希望する会社、団体を募集しています。詳細は「掲載団体の募集サイト」を参照してください。

制作会社と企業を結ぶ「つなweB」にぜひご登録を!

  • 自社の課題解決に最適なWeb制作会社を、さまざまな条件から探すことができるサービス「つなweB」にぜひご登録ください。制作会社にとってはポートフォリオとしての側面を持ち合わせるつなweBの詳細は、以下より。

問い合わせ先