ナショナルクライアントが信頼を寄せる自社開発力株式会社ベースメントファクトリープロダクション 事例詳細|つなweB
ナショナルクライアントが信頼を寄せる自社開発力<br>株式会社ベースメントファクトリープロダクション
株式会社ベースメントファクトリープロダクション :http://www.bfp.co.jp/
北村健さん
株式会社ベースメントファクトリープロダクション 代表取締役社長
阿出川雄士さん
株式会社ベースメントファクトリークリエイション 最高執行責任者

 

国内屈指の圧倒的な技術力・開発力

国内屈指の開発力の高さを強みに、日本のデジタルクリエイティブを牽引している存在がベースメントファクトリープロダクション(以下ベースメント)。東京都世田谷区に自社ビルを構えます。1997年、音楽プロダクションとして創業。2003年からデジタルクリエイティブ領域に進出以降、国内有数のナショナルクライアント案件を次々と手がけています。名だたる企業が支持する背景に、高度な開発力とクリエイティブとしての美意識、ビジネスの現場で力を発揮する運用性を徹底追求。20年近く、確かな成果物を提供し続けています。

ここ近年に絞り、目を引く自社開発案件を1つ挙げるなら、独自Webアプリケーション「dcot(以下、デコット)」です。デコットとは、業界特化型DX支援ツールで、クライアントの業種業態にあわせて1社ずつ特有の状況にカスタマイズした仕組みのこと。基幹システムとの連携や承認管理、MA機能を搭載するので、社内で主導的にマーケティング施策や販売促進支援策を進めることに貢献。原型となるC-RHPが、すでに全国のトヨタカローラ販売店で採用実績があるほか、デコット自体もさまざまな国内企業が導入し始めています。こうして運用や成果を強く意識し、スケールが大きな施策を手がけられる源が、ベースメントの開発力なのです。

「数々の広告クリエイティブに携わりながら、ゼロから商品・サービスを生み出す難しさを骨身に感じています。だからこそ、ブランド構築や販売戦略、商流開拓なども含めて、さらにデジタルだけに縛られない自社開発にも取り組んでいます。技術力・開発力を土台に、創業当時から完全な一気通貫体制を徹底。その結果、最高品質の成果物を生み出せることが、ベースメントの最大の強みです」(代表取締役・北村健さん)

 

人は宝。会社は生き物。手厚い社内保障で若き才能とともに成長

圧倒されるような開発を生み出すために、ベースメントは人の育成や環境投資に大きく注力する会社としても知られています。コロナ禍で揺れたこの1年、高い開発力が維持できた背景には福利厚生を中心に、手厚いスタッフへの保障体制でバックアップできた側面も大きいです。

例えば、住宅補助制度により、徒歩・自転車通勤圏内への転居には契約金(敷金・礼金)、更新費を会社負担。勤続者の転居には年額給与の5%相当を追加支給するため、ベースメントでは7割近くのスタッフが近隣在住に。不自由のない社内環境を使いたい場合、徒歩などの近距離通勤で済むスタッフが多数で、現状で最大の課題となっている新型コロナウイルス感染リスクも軽減されています。もちろん希望者はリモート対応OK。業務体制への負担やストレスをできるだけ最小化し、働きやすさの提供にも全力を注いでいます。

近年は新卒採用にも注力し、毎年複数名が入社。若き精鋭の中には、技術五輪全国大会にも出場し、「ウェブデザイン」職種競技で銅賞受賞者を輩出するほどです。

「クリエイター志望者もエンジニア志望者も、名だたる企業で導入されるサービスや商品を、ゼロからの開発に携わる機会を提供できるのがベースメントの魅力です。積極的な新陳代謝を厭わない会社ですし、新卒スタッフも中途採用者にとっても、働きがいを感じやすい環境だと思います」(COO・阿出川雄士さん)

 

組織の中核で機能できる仕組み「dcot(デコット)」
検温ソリューションサービス「ネツミル™」も開発!

業界特化型DX支援ツール「dcot (デコット)」は、全国に多数の支店や販売店を持つ大企業などが堅牢で安全に導入・管理できる業務支援システム。さまざまな業種業態のクライアントが運用しやすくカスタマイズできるほか、現場担当者が迷わず使える高品質なUXのもと開発されました。

また、コロナ禍の中、新たに開発したのが検温ソリューションサービス「ネツミル™」です。既存顧客に付加価値のある提案を行いたいという着眼点で別会社「株式会社ネツミル」の事業として開始。独自開発アプリとAI顔認識サーマルカメラにより、発熱検知情報をリアルタイムでモニタリングできます。渋谷区役所、中部国際空港セントレア、慶應義塾大学病院や株式会社電通(本社)など出入りが多い施設で続々と採用中です。

 

20代スタッフが続々活躍、技能五輪全国大会で銅賞
最高の制作環境と福利厚生でスタッフを手厚く保障

社会貢献活動の一環として産官学連携プロジェクトや人材育成に熱心なベースメントは、実務とともに、技術・開発スキルを伸ばしチームワークを試す、若いスタッフへの機会提供にも積極的。第58回技能五輪全国大会の「ウェブデザイン」職種競技には2名が出場。通常業務に携わりながら、先輩や同僚の協力で競技対策に注力し、1名が銅賞を受賞しました。

また、住宅補助のほか給料の一部を掛け金にする私的年金制度「選択制確定拠出年金(401K)制度」を整備。さらに3年、5年、7年、10年という勤続年数のスタッフには功労賞も設定(10万円~最大50万円)。スタッフが安心して長く働くことをさまざまな制度でバックアップしています。

 

遠藤義浩