エンドユーザーにも制作会社にも優しいCMS「ant2 CMS」操作性の高いユーザーインターフェイスで制作時間の効率アップ! 事例詳細|つなweB

「操作がわかりやすくて簡単なCMS」と聞くと、企業が制作会社を介さずにWebサイトを構築してしまうイメージを持つかもしれません。しかしこのant2 CMSは、制作会社などに向けてOEM版を提供しており、制作会社にも多くのメリットをもたらします。同サービスおよびOEM版の具体的なメリットについて、開発元のアントアントさんに話を聞いてみました。
 

 

「ant2 CMS」は、2008年に誕生した古参のCMSサービス。2010年には、Web制作会社などが代理店となり、同サービスを使ってオリジナルブランドとして販売できるOEM版もリリースしました。

このサービスの最大の特長は、なんといってもわかりやすい操作性にあります。ページのさまざまなエリアをダブルクリックして文字や写真をダイレクトに編集できたり、簡単な操作でコーナーを追加できる点は、エンドユーザーだけでなく制作会社のサイト構築スピードも高めてくれます。

また、さまざまな業種をリアルに想定したテンプレートを豊富に用意していることも、制作会社のメリットにつながっています。テンプレートをイチから制作することも可能ですが、既存のテンプレートをカスタマイズすることで、高品質なWebサイトを素早く形にできます。工期の短縮を図ったり、デザイン性の向上やWebサイトの戦略的運用など本質的な部分に注力する時間を確保できます。「実際、OEM版を提供する代理店の多くが、既存のテンプレートをアレンジしてWebサイトを提供しています(谷脇とし子さん)」。

さらに、「MULTI管理システム」というインターフェイスで顧客を柔軟に管理できる点も大きなポイント。アカウントの追加や権限管理、デザイン管理を一元的に行うことができます。「複数の顧客の状態をまとめて把握できるのがOEM版の強み(谷脇広貴さん)」だと言います。

機能面も、1つのページから多言語ページを作成する多言語対応機能やSEOチェックツールなど、さまざまなニーズに応えるものが揃っています。オンラインショップ機能も標準で用意されており、追加料金なしでカート機能を利用できます。

それだけ充実のサービスでありながら、月額1,500円からの費用で利用が可能(代理店向け料金)。クラウドサービスとして提供されており、サーバ・ドメイン使用料まで含んだ料金です。コストパフォーマンスも十分に高く、制作会社にとっての頼れる懐刀になってくれるのではないでしょうか。

Point1・わかりやすい画面で見たまま編集できます
エリアをダブルクリックすればすぐに編集画面に切り替わる、直感的なインターフェイス。反応速度も高速で、サクサク編集できます。また、制作会社は直接コードを編集したり、ローカルでコーディングしたものをアップロードして適用することができます。
Point2・複数のクライアントをまとめて管理できます
Web制作会社が代理店として提供できるOEM版は、制作会社が複数のクライアントを一元管理できるインターフェイスを搭載。各クライアントごとにサイトを管理したり、アカウントの編集権限を細かくコントロールすることができます。
Point3・各業種向けに豊富なテンプレートを用意しています
建設業、ペットサロン、レストランなど、豊富な業種向けにテンプレートが用意されています。テンプレートをカスタマイズして各クライアント用のサイトを構築すれば、制作会社の効率化や制作時間の短縮につながります。
Point4・カート機能や翻訳機能など、さまざまなニーズにお応えします
最近は売り上げに応じて課金されるショップサイト作成サービスなどもありますが、ant2 CMSは基本的なショッピングカート機能が標準で付属しています。そのほか、多言語翻訳やSEO対策機能など、充実した機能が揃っています。

企画協力●株式会社アントアント

[開発元] 株式会社アントアント
[URL]https://ant2.net
[OEM版 URL]https://ant2oem.net
Text:児玉潤一
Photo:梅田彩華